<< 「SQUINT OF OKINAWA-沖縄の斜視-」オープニングイベント!! | main | 「SQUINT OF OKINAWA vol.2」搬入模様! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

産業都市川崎のあゆみ100年

「写真0年 沖縄」展ー連動写真展 出品作家の王子直紀が川崎市民ミュージアムで写真展を行っております。ぜひお運びください!

産業都市川崎のあゆみ100年-進化しつづけるモノつくりの街-

近代以降、都市・川崎の発展には工業が大きな役割を担ってきました。京浜工業地帯の中核としてめざましく発展する川崎の姿は、日本の近代発展そのものであったといえるでしょう。しかしながら工業の発展、経済の成長は必ずしも輝かしいものばかりだけではなく、一方で公害問題など、私たちの生活や社会に大きな不安や打撃を与えました。そして現在、それをも克服し産業構造の改革を含めた、新たな発展段階へ進もうとしています。
明治41年(1908)に横浜精糖が川崎で工場を稼動させ、東京電気株式会社や鶴見埋立組合が川崎に進出して100年を迎えます。そこで本展では、この間の100年の川崎のあゆみを、川崎の産業の発展を支えた企業と、川崎に暮らす人々にも焦点をあて、併せて今扱われている先端技術を紹介してまいります。多くの市民の方に近代以降の川崎の姿を通して、これからの川崎のありかたを考えてもらう展覧会です。
また、岡本太郎の見た川崎の象徴的な作品である「重工業」(1949)や、現代写真家(王子直紀、原英八、原美樹子)が切り取った川崎の風景を、9月30日(日)まで企画展示室2で公開します。

主な展示資料

御幸煉瓦製造所製の煉瓦 市民ミュージアム蔵
「京浜間電車全通」看板 市民ミュージアム蔵
「南部鉄道図絵」 市民ミュージアム蔵
東京電気株式会社製ラジオ 東芝科学館蔵
明治製菓株式会社ストレイプマイシン 明治製菓株式会社蔵
「味の素」看板(複製) 市民ミュージアム蔵
コロムビアレコード 市民ミュージアム蔵
「東京湾埋立株式会社事業案内」 増山一氏蔵
「京浜電鉄川崎鶴見住宅地図」 市民ミュージアム蔵  
岡本太郎「重工業」 川崎市岡本太郎美術館蔵(9月30日まで)
王子直紀、原英八、原美樹子「川崎の風景」(9月30日まで)

○開催場所 川崎市市民ミュージアム
○開催期間 2007/09/01〜2007/10/14
○企画展示室2は9月30日(日)まで
○休催日 月曜日(9/17・24・10/8は開館し、9/18・25/10/9は休館) 
○料金 一般500円 学生・65歳以上300円 小中学生は無料 年齢のわかるものをご提示下さい 
○ジャンル 日本の写真、歴史/民俗、産業/工業 
○リーフレット 主催 川崎市市民ミュージアム 
○ホームページ http://www.kawasaki-museum.jp/
○お問い合わせ Tel.044-754-4500
○備考 学芸員による展示解説 9/15(土)9/23(日)10/14(日)各日とも14:00〜 無料(ただし、観覧券が必要です)

at 18:24, 写真0年 沖縄展実行委員会, 関連イベント

-, -

スポンサーサイト

at 18:24, スポンサードリンク, -

-, -